京東都(きょうとうと)は、「京都発、東京経由 世界行き。」の刺繍ブランドです。
by kyototo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
タグ:京都 ( 90 ) タグの人気記事
掛け算・割り算 (かちん染めシリーズ)展:京都
京都「布屋みさやま」にて。

f0204300_15185839.jpg

京都、東洞院六角通りを少し下がったところに見える真っ白な建物。創業300年、京都「布屋みさやま」にて「掛け算・割り算(かちん染め)展」7月1日(水)より開催です。和をモチーフにした服やバッグなどを扱う「布屋みさやま」は、2004年のオープン以来、京都で一目置かれるブランドです。京町家を意識したという新しい店舗は縦に長く広がり、まさに「うなぎの寝床」スタイル!。京町家独特の路地・見世・奥の間・おくどさん(台所)・蔵などを感じさせるショップレイアウトは、歩いて楽しい京町家の雰囲気を表現しています。日本の良さ、和の心を伝えるため、従来の和テイストのアイテムにとどまらない、京都らしい空気感と選び抜かれた和の日常アイテムに出会えます。
京東都の「かちん染めシリーズ」を中心に、「水引シリーズ」とあわせて、7月1日(水)〜8月20日(木)まで展示販売します。

布屋みさやま
〒604-8147 京都市中京区東洞院六角下ル
TEL&FAX: 075−231−8126
年中無休(年末年始は除く)
営業時間 11:00-19:30

東京/高橋



by kyototo | 2009-06-28 15:04 | イベントのこと
うたあわせ
さて、本格的に梅雨入りし、毎日雨が続きますね~

こんな時には歌合わせ? ちょっとみなで遊んでみました
お題は「ホトトギス」。かの有名な歌を本歌取りしてもらいました

まずは京都方から~

鳴かぬなら 放してあげよ ホトトギス/岩井
---社長、お優しいですね! 懐の深さを感じます

鳴かぬなら 交換させる ホトトギス/農中
---営業の鏡、農中さん。返品対応の早さはさすがですね

鳴かぬなら 酒でも呑まそう ホトトギス/天川
---まずは飲み友達から。お酒の強い天川さんならではの作戦ですね。

続いて東京方~

鳴かぬなら スタバでカフェラテ ホトトギス/高橋
---スタバとはおしゃれですが、諦めですか・・・ホトトギスは放っておくんですね。

鳴かぬなら 笑ってみなさい ホトトギス/堀場
---さらに要求の難易度をあげますか・・・。

鳴かぬなら 九州まで自転車でも構いません ホトトギス/谷口
---甚だしく字余りですが?九州まで自転車決定で。

さて、合わせてみると、それぞれの人となりがでていて
結構面白いものですよ

みなさんも、一句どうですか?

東京/堀場

f0204300_18392335.jpg
by kyototo | 2009-06-24 18:40
京東都のお店紹介-3 「THE SCREEN」
セレクタブルホテル THE SCREEN。

(続)京都に行ってきました。京東都アイテムをお取り扱いいただいているお店紹介です。京都御所の南端の寺町通り沿いに2007年12月オープンした日本初のセレクタブルホテルのTHE SCREEN。ゲストルームは全13室。国内外の13人のアーティストがデザインした空間は13通りのアートです。広さ、レイアウト、壁や床の素材など全て異なり、自分のライフスタイルに合った空間(ゲストルーム)が選べるホテルとなっています。ロビーは和とモダンの融合した素敵な空間で、とても居心地よい感じです。
エントランス奥にあるショップにて「縁起物シリーズ」を中心に販売中です。

東京/高橋

f0204300_1942256.jpg

f0204300_1943418.jpg

THE SCREEN
京都府京都市中京区寺町丸太町下ル下御霊前町 640-1
TEL.075-252-1113 FAX.075-252-1311


by kyototo | 2009-05-20 19:43 | お店のこと
葵祭り
昨日、京の三代祭りの一つ葵祭りに行ってきました。
御所の堺門(南側の中央〉から出て、下賀茂・上賀茂神社へと
五穀豊穣を願い天皇が使者を使わす例祭です

わしょい わしょいと掛け声の勇ましい祭りが多い中
京の祭りは、静かな行列ですね。

ここで、一句
牛車ひく ちごの姿を 楽しみて

京都/岩井

f0204300_9505465.jpg
f0204300_9511016.jpg

by kyototo | 2009-05-16 09:52 | その他
目に青葉 山ホトトギス 刺身かな
イスラエルから娘婿の親がやってきたので、奥嵯峨に行ってきました。
天竜寺から竹林をぬけると、まさに「目に青葉 山ホトトギス 刺身かな」
大層わさびが気に入ったみたいです。

奥嵯峨の道沿いに立ち並ぶ民家を訪ねると、400年の歴史があると聞き
京東都のカチンの墨染めと同じ歴史の重みを感じました。

京都/岩井

f0204300_11481819.jpg
f0204300_11483216.jpg

by kyototo | 2009-05-13 11:49 | その他
京東都のお店紹介-2 「京都デザインハウス」
京都デザインハウス。

京都に行ってきました。京東都アイテムをお取り扱いいただいているお店紹介です。2005年4月に京都三条高倉にオープンし、京都を訪れる観光客を中心に人気のデザインセレクトショップ「京都デザインハウス」。4周年を迎えたこの春、今京都で最も人気の三条通エリアに新店舗として移転しました。"「美しい日々」を贈る"を新しいコンセプトに安藤忠雄建築研究所設計の俄ビル1Fにあります。
2008年7月から商品を取り扱っていただき、京都で初めての企画展「掛け算 割り算」は、この京都デザインハウスさんからスタートしました。
「京もの」を中心に、文具、食器、インテリア、ファッションアイテムなど、約2,000点以上を揃えており、生活スタイルに応じた様々なアイテムの中に、和のテイストを折り込んだ品揃えは、「京もの」文化の新しい発信拠点となっています。
京東都の「かちんシリーズ」「縁起物シリーズ」を販売中です。

東京/高橋


f0204300_15455377.jpg
f0204300_15452923.jpg

京都デザインハウス
京都市中京区福長町105 俄ビル1F(富小路通三条上ル) 
TEL. 075-221-0200
11:00-20:00 年中無休(年末年始除く)




by kyototo | 2009-05-11 15:48 | お店のこと
かちん染め
かちん染めについて。

「かちん」とは「墨」のことで、京友禅の伝統的染色技法の1つです。「かちん」の歴史はとても古く、高松塚古墳の壁画にも確認されています。一般的に、染色は大量の蒸気と温度が必要です。「蒸し」と呼ばれる工程です。しかし、明治時代以前は、蒸し工程がなかったために、古代の染色技法の多くは廃れていくことになりました。
かちん染めの「墨」は良質な油煙を膠(にかわ)で練ったものです。膠は時間の経過により接着剤の役割を果たし固着するため、蒸し工程がなかった時代の染色技術でありながら、今日でも存続することが出来た数少ない技法の1つです。また蒸し工程を加えると、熱によって更に丈夫になります。
「かちん染め」は、100年以上前までに確立された染色技術として、1976年に「京友禅」が伝統的工芸品に指定されました。その伝承者である「伝統工芸士(型染)」の実技試験には、今でも「かちん」は必須課題です。
京東都の「かちん染め」シリーズは、1枚1枚丁寧に京友禅の職人さんによって染められています。伝統的な雰囲気を楽しめる京東都の「かちん染め」で、優雅を競い合った古の都に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

東京/高橋


f0204300_1311483.jpg
f0204300_1315298.jpg

by kyototo | 2009-04-20 13:42 | 商品のこと
京都デザインハウス 4月10日 移転オープン
京都デザインハウスにて。

京都デザインハウスへ行って来ました。四条河原町から各名所へと人も多く、とても暑い一日でしたが、桜も明日(日)頃までが見納めで少し葉桜になっていましたが、風が吹くと桜吹雪が心地よく頬を通り過ぎていきました。

4月10日に安藤忠雄氏設計による新築『俄』ビルの一階に京都デザインハウスが移転しました。とても京都らしい建物の中において「京東都」は正面に紅白の飴・中頃に紅白と水引の手ぬぐい・奥に座布団と枕が神々しく陳列されていました。

一階が京都デザインハウス 二階が俄 三・四階は事務所で地下一階がイベントスペースとなっています。売り場スペースは前より少し狭くなったみたいですが、京都を代表する生活道具のデザイン優品ショップになっていくことと思われます。

京都/農中


f0204300_123147.jpg
by kyototo | 2009-04-11 08:41 | その他
東山の山麓 八坂塔の東北にある高台寺
京都東山/高台寺にて。

高台寺さんに納品に行ってきました。
ここは、豊臣秀吉を弔うために北政所(ねね)が、出家して開創した寺です。造営に際して、徳川家康が援助を行ったそうです。
庭のしだれ桜は散り始めていましたが、きれいに掃除され花びら一つもありません。庭園〈小堀遠州作)周りには、重要文化財の開山堂・霊屋・傘亭・時雨亭があります。高台寺さんとのコラボモデル、桜の花が金糸で刺繍された「蒔絵 花筏(はないかだ)手ぬぐい」は、高台寺内ショップにて販売中です。

京都/岩井


f0204300_16273917.jpg
f0204300_16284430.jpg
f0204300_16291163.jpg

by kyototo | 2009-04-10 16:29 | その他
京都/東山 高台寺モデル
京都東山にある高台寺さんとのコラボモデル。

秀吉とねねのお寺として有名な高台寺さんと、手ぬぐいでコラボモデルを作っています。絵柄は桃山時代の漆工芸技術のなかでも最高傑作との評価も高い「高台寺蒔絵」をモチーフにした「蒔絵柄 花筏(はないかだ)刺繍手ぬぐい」と、国の重要文化財となっている開山堂外扉の彫刻をモチーフに、扉越しに眺められる紅葉を刺繍した「蒔絵柄 紅葉刺繍手ぬぐい」の2モデルです。

2006年で創建400年を迎えた高台寺は、豊臣秀吉の供養のため、彼の妻ねね(北政所:高台院)によって、慶長11年(1606)徳川家康の援助のもと創建されたお寺です。毎年秋には境内を埋め尽くす紅葉が見られ、10月下旬〜12月初旬まで夜間拝観が行われています。…が、京都観光中心の高台寺。特に、夜間拝観に訪れる人の数は尋常ではなく、混雑時は切符を買うのに30分、入口まで30分という具合。入場してからも一方通行などの歩行規制などがかかるなど、綺麗な景色をゆっくり見るのは結構難儀です…。私たちが訪れた日はあいにくの小雨模様。でも境内の苔の上に赤い紅葉が落ちている色のコントラストはとてもとても綺麗でした。なお、高台寺コラボモデルは、高台寺内ショップにて販売中です。

東京/高橋

f0204300_11302751.jpg

by kyototo | 2009-03-25 11:18 | 商品のこと