京東都(きょうとうと)は、「京都発、東京経由 世界行き。」の刺繍ブランドです。
by kyototo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
京東都 WEB
カテゴリ
全体
京東都 本店
京東都 銀座店
掲載誌
イベントのこと
商品のこと
お店のこと
その他
京東都(と)河原町店
以前の記事
2018年 11月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
more...
検索
タグ
(117)
(91)
(89)
(73)
(53)
(49)
(32)
(30)
(22)
(19)
(19)
(18)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
記事ランキング
和片かく語りき第弐拾弐話 〜木魚〜
地蔵盆。京都にきてはじめて知りました。

地蔵盆は8月23日・24日に行われる
町内にあるお地蔵さんのお祭り

地蔵菩薩は「子供の守り神」とされており
町内の子供たちがお地蔵さんの前に集まって
数珠をまわしたり、お菓子を食べたり、ゲームをしたりするそうです

この時期、突如お地蔵さんの前に畳敷きの
青空特設ステージが出現します

f0204300_14495229.jpg


うちの近所の地蔵盆のスタートは朝7時!(早っ)
仏事なのでまず読経からはじまります
・・・・あっ! 木魚が・・・いひひひ

f0204300_14525376.jpg


木魚は、読経の時に使われる魚の形をした仏具
魚は日夜を問わず目を閉じないことから
寝る間を惜しんで、修行に精進なさいという意味だそうで
(でも目をあけて寝ているんだけどね・・・瞼がないんです)

ちなみに、この妖怪の木魚は、化けて鯰の形をとっています

f0204300_15112666.jpg


そんなわけで・・・和片「木魚」いかがどすかーーー

京都/堀場
by kyototo | 2013-08-23 14:43 | 商品のこと
<< 京東都の贈り物 和片かく語りき第弐拾壱話 〜狐憑き〜 >>