京東都(きょうとうと)は、「京都発、東京経由 世界行き。」の刺繍ブランドです。
by kyototo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
京東都 WEB
カテゴリ
全体
京東都 本店
京東都 銀座店
掲載誌
イベントのこと
商品のこと
お店のこと
その他
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 08月
more...
検索
タグ
(117)
(88)
(87)
(73)
(53)
(49)
(32)
(30)
(21)
(19)
(19)
(18)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
記事ランキング
タグ:和片 ( 73 ) タグの人気記事
和片かく語りき第弐拾話 〜人魂〜
8月16日京都では五山の送り火が行われました。
送り火は、お盆に帰ってきているであろう、
お精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者の霊を
あの世へ送り届けるためのもの。

今年はご近所さん宅にお邪魔して、
これまた近所の橋の上から
ご近所の方々と、一番近くの大文字を眺めました。

暗い山肌に赤々と浮かび上がる大の文字。
燃え尽きるまでの間、京都中の沢山の人が
故人を思いながらこの火を眺め、
もっと沢山のお精霊さんが手をふって帰っていく、
そんなあわい。

送り火は、宗派を越えた京都の人々の
思いのカタチなんでしょうね。
それが連綿と続いている。

f0204300_2281038.jpg


そんな思いを「心」という文字に託して、
人魂和片の真ん中には入れてみました。

f0204300_229219.jpg


そんなわけで…
和片「人魂」いかがどすか?

京都/堀場
by kyototo | 2013-08-17 22:10 | 商品のこと
和片かく語りき第拾九話 〜妖怪 海坊主〜
夏といえば海!海といえば海坊主!
ちょっと強引な感じで始めてみますw

私のうまれは遠江
この地域に伝わる遠州七不思議のひとつに
「波の音」という海坊主伝説があります

f0204300_19505191.jpg

遠州灘は、浜名湖から御前崎まで続くなだらかな海岸線
基本砂浜なのですが風強く、波荒く、巻き波激しく、遊泳禁止
穏やかにみえて、なかなかやっかいな海です

f0204300_19371612.jpg

ざっくりですが、こんな話
漁師に捕まった海坊主(波小僧とも)が命乞いをして
晴れや時化を、波の聞こえる方角で教える約束をしたそうで
遠州灘の波の音は、一方向から聞こえてくるのだ、という不思議
(うちは海に近すぎるので常に全方向から聞こえますけどね)

f0204300_2095167.jpg


こちらは先日の日菓さんの妖怪和菓子ワークショップで
内田先生がつくったお手本の海坊主

そんなわけで・・・
妖怪和片「海坊主」いかがどすかーーー?

京都/堀場
by kyototo | 2013-08-13 11:00 | 商品のこと
和片かく語りき 第拾八話 〜妖怪 瓢箪〜
「むいか(6日)、なのか(7日)、なにか用か(8日)い?」
おあとがよろしいようで・・・

↑こちら京東都本店にご来店の
着物姿の品のよいおばさま達の会話よりいただきました!

さて、今日ご紹介するのは妖怪和片「瓢箪」
ひょっこりひょうたんじ〜ま〜♪の瓢箪です

f0204300_21491164.jpg


顔が白いので、京東都工場内では
コードネーム「カブ」で通ってますが、瓢箪ですから
(頭のオレンジ色が人参に見えるらしくお漬け物セットとも)

f0204300_21505412.jpg


瓢箪もいろんな種類がございまして、
こちらは梵鐘(ぼんしょう)という名前
お寺の鐘ににて、ぶつぶつした突起があります
こちらのほうが近いですかね?

f0204300_21535645.jpg


京都府立植物園の瓢箪棚では、うらなり瓢箪まっさかり
目にも涼しい感じでございました

瓢箪は6つ揃えると無病に繋がるとか、末広がりの形から
古来縁起ものとされてきました

先日の橋姫もそうですが神様と妖怪
縁起物と妖怪、表裏一体なところが
日本文化の寛容で面白いところですね!

そんなわけで・・・
妖怪和片「瓢箪」いかがどすかーー

京都/堀場
by kyototo | 2013-08-08 22:06 | 商品のこと
和片かく語りき 第拾七話 〜妖怪 橋姫〜
8月4日は「橋の日」ですね
橋は端、そこで終わり、あの世とこの世を結ぶ境界とも云われてます

f0204300_15104087.jpg


そんな橋の袂にいるといわれる方がこちら→和片「橋姫(はしひめ)」
f0204300_15182423.jpg


頭に鉄輪(かなわ:三本脚のついた鉄の輪)をのせ、三本の脚に松明
さらに両端をもやした松明をくわえた、嫉妬に狂った鬼神のすがたをしています
貴船神社の丑の刻参りのスタイルもここからきています

橋姫は、外敵の侵入を防ぐ橋の守護神としても祀られている反面
嫉妬深く、橋の上で他の橋を褒めたりすると恐ろしい目にあうとも云われています

有名なものは宇治川の宇治橋で祀られる「宇治の橋姫」で
平家物語や太平記にも登場し、それももとにした能の演目『鉄輪』では
橋姫の面が使われます

下のチラシは、最近、観世会が元禄の資料から復曲されたという
能の演目『橋姫』のもの

f0204300_15205368.jpg


そんなわけで・・・和片「橋姫(はしひめ)」
小風呂敷「橋」と一緒にいかがですかーー

f0204300_16102490.jpg


京都/堀場
by kyototo | 2013-08-04 18:29 | 商品のこと
和片かく語りき 第拾六話 〜妖怪 檜扇〜
京都、祇園祭まっただなか
この時期京都のあちこちで見かけられますのがこの花、檜扇(ヒオウギ)
さっそく飾ってみました

f0204300_14111368.jpg


檜扇は、平安時代、宮中で使われていた桧でできた扇子のこと
扇をひらいたような葉っぱの形状からこの名前がついたとか

こんな感じの花がさきます

f0204300_14113773.jpg


ヒオウギが祇園祭の花といれるのは
古代、檜扇をふることで悪霊を退散したことからとも
檜扇の種子である射干玉(烏羽玉)が魔除け厄除けになると
信じられていたからともいわれています

この烏羽玉(うばたま)は真っ黒い実でして、黒の枕詞でもある
「ぬばたま」の元となっております

さて・・・こちらに、そんな魔除けの力をものともせぬ妖怪がおられました
妖怪和片 檜扇(ひおうぎ)

f0204300_14132547.jpg


ぬばたまのお髪(ぐし)をもつこのお方
ばりばりばりっと、檜扇の真ん中をまっぷたつに割って顔を出しています

こわいですね〜、おそろしいですね〜
よほど妖力の強い妖怪なんでしょう

そんなわけで、妖怪和片 檜扇(ひおうぎ)、祇園祭の思い出にいかがどすかー

京都/堀場 
by kyototo | 2013-07-16 13:57 | 商品のこと
うらめしや~
雷ゴロゴロ、、、
辺りは真っ暗、、、


なんだか百鬼夜行が練り歩きそうな天気に、
おびえている水木です。


今日は、そんな怖さを吹っ飛ばすほど
おちゃめな妖怪Tシャツをご紹介します!

私のお気に入りは、おどけている

蛙(かえる)/妖怪キッズTシャツ

f0204300_1512910.jpg



他にも、自分で妖怪ワッペンを選べる、妖怪Tシャツもご用意しております。

f0204300_14225889.jpg


こちらは、ワッペンが一つ付いてくる!!!

お得すぎます。


ぜひ、家族で、カップルでお揃いTシャツ着てみませんか??


七夕の天気はまぁまぁ良さそうですね!
織姫と彦星も久しぶりの再会を楽しめることでしょう~

では。

京東都 水木
by kyototo | 2013-07-04 14:12 | 京東都 本店
盆栽和片 藤
新緑の季節になりました
市内では藤が見頃をむかえています

f0204300_157253.jpg


京都市内から亀岡の刺繍工場へ通う途中の保津峡では
木々に蔓をからませた少し野性的な、かかり藤が、山を明るくしてくれています

桜の柔らかいうすピンクから、涼しげなうす紫へ
山の雰囲気もだいぶ変わるものですね

さて、京東都では、品切れとなっておりました「盆栽和片 藤」が
本日入荷をいたしました

f0204300_15175939.jpg


藤の和片で、すぎゆく春を惜しむのもまたよし
・・・いかがですか?

京都/堀場
by kyototo | 2013-05-09 15:19 | 商品のこと
細見美術館さんと和片をつくりました
細見美術館さん公認・監修のオフィシャル和片(ワッペン)ができました。
伊藤若冲、神坂雪佳、酒井抱一などなど、なんとも豪華な顔ぶれがずらり・・・

左から時計まわりに
金魚玉図(神坂雪佳)、桜に小禽図(酒井抱一)、仔犬に箒図(伊藤若冲)、

雪中雄鶏図(伊藤若冲)、鹿楓図団扇(酒井抱一)、伏見人形図(伊藤若冲)、
水辺家鴨図屏風(鈴木其一)、双犬図(俵屋宗達)

f0204300_658246.jpg


細見美術館の所蔵品である細見コレクションより9作品、11種類の和片を作りました
現在、細見美術館ミュージアムショップ「ART CUBE」と、京東都本店にて販売中!

f0204300_18344196.jpg

お手にとって是非ご鑑賞ください

京都/堀場
by kyototo | 2013-04-02 07:04 | 商品のこと
白隠展 別注和片作りました
市井の伝道師 白隠、現代の十字街頭 渋谷に現る!

すてきなキャッチコピーですが、こちら
12/22(土)から渋谷東急文化村のBunkamuraザ・ミュージアムで始まった
白隠(はくいん)展

白隠さんは、江戸時代の禅僧で
書画で教えをとく禅画を確立したといわれています

京東都では、その中から3つの和片を制作させていただきました
左から「すたすた坊主」「蓮池観音」「一富士二鷹三茄子」です

f0204300_0115092.jpg


すたすた坊主は、自画像だそうですが
ほんとうにすたすたすた===と歩いてそうで
かなりかわいいと思うんですが!

2月24日(日)まで開催です

京都/堀場
by kyototo | 2012-12-22 00:04 | イベントのこと
和片かく語りき 第拾伍話 〜出雲編 天岩戸〜
名残惜しいですが、出雲編最終号です
稲佐の浜の、ゆふぐれ

f0204300_18501991.jpg


出雲の地は海と山が近いからか、天気がころころと変化し
雲の合間からのぞく夕陽に、場所は違えど天岩戸を思いました

半裸で踊るアマノウズメと
天岩戸からのぞく天照大神(アマテラスオオミカミ)
のセット

f0204300_18493245.jpg


古事記和片「天岩戸(アマノイワト)」
いかがどすかーーー?

京都/堀場
by kyototo | 2012-11-09 18:48 | 商品のこと