京東都(きょうとうと)は、「京都発、東京経由 世界行き。」の刺繍ブランドです。
by kyototo
京東都 WEB
カテゴリ
全体
京東都 本店
京東都 銀座店
掲載誌
イベントのこと
商品のこと
お店のこと
その他
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venusgood.com
from venusgood.com
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
タグ
(115)
(88)
(86)
(73)
(53)
(49)
(32)
(30)
(21)
(19)
(19)
(17)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
グラフィック社 和のデザイン 掲載されました
グラフィック社から発売中の
和のデザイン」に掲載いただきました

f0204300_1411221.jpg


青時雨シリーズの商品群を、1ページで紹介いただいています

f0204300_14114918.jpg


デザイン系の専門誌ではありますが
本屋さんでお見かけの際には是非!

京都/堀場
by kyototo | 2013-08-29 14:06 | その他
和片かく語りき第弐拾参話 〜疑宝珠〜
疑宝珠=ぎぼし、と読みます

因みに小魚を煮て干したやつは、にぼし
煮干しをさらに煮出すと、おだし
関係ないですがww

疑宝珠は、橋の親柱についている飾りで
宝の珠の形をしています
素材は銅や青銅なのですが、
これは柱の雨水による腐食を抑えるためだとか
なるほどー

写真は京都は鴨川にかかる三条大橋
欄干も木製の情緒溢れる素敵な橋です

ここにおわすは擬宝珠どのは
銘があり現存する最古の疑宝珠であらせられます

天正年間(1573〜1592)に豊臣秀吉の命で
改築されたそうで・・・
さすが疑宝珠さま、伊達に長生きしてませんね

f0204300_1824479.jpg


扇をひらき袖はためかせ、ゆらりと踊るそのお姿
なんですかね、この優雅さというか余裕っぷり
ぐっときますね、橋なのに♡

f0204300_183687.jpg


そんなわけで・・・妖怪和片「疑宝珠」いかがどすかーーー?

京都/堀場
by kyototo | 2013-08-26 17:57 | 商品のこと
京東都の贈り物
あっという間に、8月も下旬となりました。
お盆の時期には、目玉焼きの気持ちが解りそうなくらい暑い日が続きましたね・・。
そんな中、京東都本店にお越し下さったたくさんのみなさま、ありがとうございました。

お友達やご家族へのお土産を購入されるお客さまも多くいらっしゃいましたが、
みなさまどんな反応をされたのか、とても気になるところです。
気に入って頂けていればいいなぁ。

さて、その「お土産」ですが、
京東都本店では、贈り物にはほんのすこ~~しだけ特別な包装をさせていただいております。
たとえば、

f0204300_11194296.jpg


定番!洛中洛外図手ぬぐいと、貼って楽しい!ワッペン
暗闇で光る工夫が面白い、お土産にぴったりの妖怪がま口
京都に来た!という気持ちを高めてくれる季節のタオルは、お店にあります最新9月版。
そして今、お店の前を歩く人たちを次々と怖がらせている、こちらもお店で会えます一つ目小僧てるてる坊主。

これらをプレゼントにしますと。

f0204300_1120677.jpg


こうなります。
簡単ですが、贈り物らしさは抜群にアップです!
てるてる三姉妹の次女、へへへへもしみさんも、プレゼントが要るときは利用してくれるそうですよ☆

京都旅行のお土産に、お友達へのプレゼントに、お気軽にお申し付けください!


京東都 梅村
by kyototo | 2013-08-25 12:34 | 京東都 本店
和片かく語りき第弐拾弐話 〜木魚〜
地蔵盆。京都にきてはじめて知りました。

地蔵盆は8月23日・24日に行われる
町内にあるお地蔵さんのお祭り

地蔵菩薩は「子供の守り神」とされており
町内の子供たちがお地蔵さんの前に集まって
数珠をまわしたり、お菓子を食べたり、ゲームをしたりするそうです

この時期、突如お地蔵さんの前に畳敷きの
青空特設ステージが出現します

f0204300_14495229.jpg


うちの近所の地蔵盆のスタートは朝7時!(早っ)
仏事なのでまず読経からはじまります
・・・・あっ! 木魚が・・・いひひひ

f0204300_14525376.jpg


木魚は、読経の時に使われる魚の形をした仏具
魚は日夜を問わず目を閉じないことから
寝る間を惜しんで、修行に精進なさいという意味だそうで
(でも目をあけて寝ているんだけどね・・・瞼がないんです)

ちなみに、この妖怪の木魚は、化けて鯰の形をとっています

f0204300_15112666.jpg


そんなわけで・・・和片「木魚」いかがどすかーーー

京都/堀場
by kyototo | 2013-08-23 14:43 | 商品のこと
和片かく語りき第弐拾壱話 〜狐憑き〜
京東都の妖怪たちは、百鬼夜行絵巻という室町時代の絵巻物を
お手本にしているわけなんですが

この絵巻物、作者も時代も違うものが何種類も存在します
ところどころ作風や登場する妖怪が違っているのですが

わりと共通で登場する人物(妖怪)がこの方、「狐憑き
「狐憑き」は、狐に取り憑かれた人間です

f0204300_13434839.jpg


どの巻物にも共通するビジュアル面からいきますと
長い黒髪に、赤色もしくはピンク色の着物(襦袢?)の後ろ姿
顔は見えないのですが、以上のことから女性と推測されます

着物の裾からは、狐のような尻尾がはみだしていたり
手や足が毛深かったりと、チラリズムが駆使され
なかなか気になる存在ではあります

こちらは下鴨神社の塀より、はみだしっぽ
チラリズム、駆使されてます

f0204300_14241881.jpg


そんなわけで・・・ 和片「狐憑き」いかがどすかーー?

京都/堀場
by kyototo | 2013-08-18 13:17 | 商品のこと
和片かく語りき第弐拾話 〜人魂〜
8月16日京都では五山の送り火が行われました。
送り火は、お盆に帰ってきているであろう、
お精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者の霊を
あの世へ送り届けるためのもの。

今年はご近所さん宅にお邪魔して、
これまた近所の橋の上から
ご近所の方々と、一番近くの大文字を眺めました。

暗い山肌に赤々と浮かび上がる大の文字。
燃え尽きるまでの間、京都中の沢山の人が
故人を思いながらこの火を眺め、
もっと沢山のお精霊さんが手をふって帰っていく、
そんなあわい。

送り火は、宗派を越えた京都の人々の
思いのカタチなんでしょうね。
それが連綿と続いている。

f0204300_2281038.jpg


そんな思いを「心」という文字に託して、
人魂和片の真ん中には入れてみました。

f0204300_229219.jpg


そんなわけで…
和片「人魂」いかがどすか?

京都/堀場
by kyototo | 2013-08-17 22:10 | 商品のこと
和片かく語りき第拾九話 〜妖怪 海坊主〜
夏といえば海!海といえば海坊主!
ちょっと強引な感じで始めてみますw

私のうまれは遠江
この地域に伝わる遠州七不思議のひとつに
「波の音」という海坊主伝説があります

f0204300_19505191.jpg

遠州灘は、浜名湖から御前崎まで続くなだらかな海岸線
基本砂浜なのですが風強く、波荒く、巻き波激しく、遊泳禁止
穏やかにみえて、なかなかやっかいな海です

f0204300_19371612.jpg

ざっくりですが、こんな話
漁師に捕まった海坊主(波小僧とも)が命乞いをして
晴れや時化を、波の聞こえる方角で教える約束をしたそうで
遠州灘の波の音は、一方向から聞こえてくるのだ、という不思議
(うちは海に近すぎるので常に全方向から聞こえますけどね)

f0204300_2095167.jpg


こちらは先日の日菓さんの妖怪和菓子ワークショップで
内田先生がつくったお手本の海坊主

そんなわけで・・・
妖怪和片「海坊主」いかがどすかーーー?

京都/堀場
by kyototo | 2013-08-13 11:00 | 商品のこと
URBAN RESEARCH KYOTO 8/15まで
恒例!アーバンリサーチ京都店での百鬼夜行イベント。
いよいよ8月15日(木)までとなりました。
お見逃しなく。

f0204300_1440421.jpg

f0204300_1440595.jpg

f0204300_1441263.jpg

f0204300_1441122.jpg

f0204300_14413691.jpg

アーバンリサーチ京都 URBAN RESEARCH KYOTO
住所:京都市中京区寺町通蛸薬師下る円福寺前町285 TEL:075-255-3808(代)
   営業時間 11:00~21:00 不定休

京都/高橋
by kyototo | 2013-08-12 09:26 | イベントのこと
大文字!!!
みなさん、こんにちは!

8月に入り暑い日が続いていますが、楽しい夏を過ごせていますか?

夏の思い出として私は京東都の刺繍工房がある亀岡市の花火大会に行ってきました!
まだ8月の中盤なので、夏の思い出をもっとたくさん作りたいと思っています。


京都の夏と言えば、祇園祭や京の七夕の他に「五山の送り火」があります。

8月16日(金)の午後8時点火なので、京都観光に来られる方はもちろん
当日お仕事の方もお友達や家族と行かれてみてはいかがでしょうか?

京東都本店では五山の送り火を代表して、
大文字コインケースをご用意してお待ちしております。

f0204300_13122672.jpg

妖怪がま口にまぎれて…(笑)

こちらは京東都本店の限定商品になっておりますので
近くへお越しの際はぜひ、京東都本店へ。

ちなみに、季節の刺繍タオルも8月は大文字柄になっております。
こちらは通販でも販売しておりますのでご利用ください。

f0204300_126238.jpg


それでは、楽しい夏をお過ごしください。

京東都 原口
by kyototo | 2013-08-11 13:14 | 京東都 本店
和片かく語りき 第拾八話 〜妖怪 瓢箪〜
「むいか(6日)、なのか(7日)、なにか用か(8日)い?」
おあとがよろしいようで・・・

↑こちら京東都本店にご来店の
着物姿の品のよいおばさま達の会話よりいただきました!

さて、今日ご紹介するのは妖怪和片「瓢箪」
ひょっこりひょうたんじ〜ま〜♪の瓢箪です

f0204300_21491164.jpg


顔が白いので、京東都工場内では
コードネーム「カブ」で通ってますが、瓢箪ですから
(頭のオレンジ色が人参に見えるらしくお漬け物セットとも)

f0204300_21505412.jpg


瓢箪もいろんな種類がございまして、
こちらは梵鐘(ぼんしょう)という名前
お寺の鐘ににて、ぶつぶつした突起があります
こちらのほうが近いですかね?

f0204300_21535645.jpg


京都府立植物園の瓢箪棚では、うらなり瓢箪まっさかり
目にも涼しい感じでございました

瓢箪は6つ揃えると無病に繋がるとか、末広がりの形から
古来縁起ものとされてきました

先日の橋姫もそうですが神様と妖怪
縁起物と妖怪、表裏一体なところが
日本文化の寛容で面白いところですね!

そんなわけで・・・
妖怪和片「瓢箪」いかがどすかーー

京都/堀場
by kyototo | 2013-08-08 22:06 | 商品のこと